読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IntelliJ IDEAでGoLangの環境構築 2015春

GoLang IntelliJ IDEA

久しぶりにIntelliJ IDEAでGoLangの環境構築してみたら、なんか前とはちょっと変わっていたので書き残しておきます。

諸準備

Goのインストール

とりあえずhomebrew使います。現状の最新版は1.4.2です。

$ brew install go

次に、環境変数を設定。.bashrcとか.zshrcとかに記述します。

export GOPATH=$HOME/_go
export PATH=$PATH:$GOROOT/bin:$GOPATH/bin

※homebrewで入れた場合、GOROOTは必要ない(はず)です。

IntelliJ IDEA

CommunityでもUltimateでもどちらでも良いので、各自で用意してください。

プラグインのインストール

プラグインgo-lang-idea-pluginを利用します。

github.com

以前の手法はgo-lang-idea-pluginのリポジトリからjarを落としてインストールするという泥臭いものでした。この手法は最近廃止されたようです。

Release We've moved away from Github releases · go-lang-plugin-org/go-lang-idea-plugin · GitHub

というわけで、今一番FRESHであると思われる方法で試してみます。

プラグインリポジトリ

新しい手法はgo-lang-idea-pluginのプラグインリポジトリを設定するというものです。以下の2つが用意されています。

ある程度の安定性欲しいところなので、Alphaのリポジトリで進めます。

Preference -> Plugins を開く

f:id:a-yamada:20150413115814p:plain

Browse Repositoriesを開く

f:id:a-yamada:20150413115846p:plain

Manage repositoriesでCUstom Plugin Repositoriesをのダイアログを開く。

f:id:a-yamada:20150413115854p:plain

AlphaのリポジトリURLを設定する

f:id:a-yamada:20150413115921p:plain

OKを押す

f:id:a-yamada:20150413115927p:plain

設定したカスタムリポジトリでフィルタすると、Goというプラグインが表示されるのでインストール

f:id:a-yamada:20150413120009p:plain

SDKの設定

インストール後は再起動を求められるので再起動します。再起動したらSDKの設定をします。

Project Structure -> Platform Settings -> SDKs で、Add New SDKをする

f:id:a-yamada:20150413120958p:plain

homebrewでインストールしたGolangの場所を指定

f:id:a-yamada:20150413121220p:plain

これで準備は完了。

モジュールをつくる

GoLangで開発するモジュールをつくって動かしてみます。

New ModuleでGoを選択

f:id:a-yamada:20150413121324p:plain

Go1.4.2を選択してNextを押す

f:id:a-yamada:20150413121500p:plain

モジュールのパスを求められるので、任意の場所に指定します。

書いてみる

main.goを作って適当に書いてみます。fmtと入力するとgoimports無しで関数を補完してくれます。

f:id:a-yamada:20150413121600p:plain

実行はIntelliJの実行ダイアログからできます。

f:id:a-yamada:20150413121834p:plain

動いた。

f:id:a-yamada:20150413122011p:plain

感想

( ´_ゝ`)フーン