読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PhantomCIの料金プランが変更になってた件

CI PhantomCI

以前、このブログでPhantomCIという新手のCIサービスを紹介しました。

stormcat.hatenablog.com

このPhantomCI、ビルドが成功したときだけ課金の対象になるという成功ビルド従量型課金でした。この仕組み、自分は以前のエントリにおいて「CIの目的を達成してもexit 1で終了コードを返せば課金の対象にならない」という面を指摘しました。

その件についてPhantomCI側がどう感じていたかどうかまではわからないんですけど、どうやら料金プランが変更になったようですよってお話です。まあ、そうなりますよね。

f:id:a-yamada:20150402021131p:plain

簡単に言うと、

TravisCIはConcurrency、CircleCIはParallelismといったように並行性においての課金を行っていますが、PhantomCIはリポジトリ数での課金とすることで差別化を図ってきたようです。

また、「Unlimited Concurrency And Parallelism」であると謳っているので、並列稼働においてはTravisCIやCircleCIよりリーズナブルということが言えます。それにしても本当に無制限なんでしょうか?w(試してはいない)

あとはド後発なので、機能面で遅れをとってる面をどれだけ巻いてこれるかってところでしょうね。まあ今後も生暖かく見守るとしましょう。