読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby予約語をまとめてみた

Ruby

# コメント系

  • BEGIN・・・複数行コメント開始
  • END・・・複数行コメント終了

# 条件分岐系

  • if・・・条件式
  • elsif・・・ifで真でなかった場合に評価される条件式
  • else・・・if,elsifで真でなかった場合に評価される条件式
  • unless・・・ifの条件を否定したもの
  • case・・・式の評価結果により処理を分岐させる(Javaではswitch)
  • when・・・case節との評価結果を比較
  • then・・・条件式の直後に記述(省略可)

# 例外処理系

  • begin・・・例外処理の対象コード開始(Javaではtry)
  • end・・・例外処理の対象コード終了
  • rescue・・・例外が発生した時に実行される式を記述(Javaではcatch)
  • retry・・・rescue内で記述し、begin節から処理を再実行する
  • ensure・・・式が終了する前に必ず実行される式を記述(Javaではfinally)

# 繰り返し系

  • for・・・繰り返し処理を行う
  • while・・・繰り返し処理を行う
  • until・・・条件式が真になるまで繰り返しを行う
  • do・・・for, whileで使用(省略可)
  • break・・・繰り返し処理を途中で抜ける
  • redo・・・繰り返し処理をやり直す
  • next・・・繰り返しの次の回の処理を実行する
  • in・・・繰り返しにおいて、Enumerableオブジェクトを指定する
  • return・・・メソッドの実行を終了する

# 擬似変数

  • true・・・真の値をとる
  • false・・・偽の値をとる
  • nil・・・偽の値をとる
  • self・・・現在のインスタンスを参照する
  • __FILE__・・・実行されているプログラムのファイル名
  • __LINE__・・・実行されているプログラムのファイル内行番号

# 論理演算子

  • and・・・論理積
  • or・・・論理和
  • not・・・否定

# 定義系

  • class・・・クラスを定義する
  • def・・・メソッドを定義する
  • alias・・・既に存在するメソッドに別の名前を割り当てる
  • undef・・・メソッド定義を取り消す
  • module・・・モジュールを定義する
  • defined?・・・式が定義されていなければ、偽を返す
  • super・・・オーバーライドメソッドを呼び出す
  • yield・・・ブロック付きメソッド内でブロックを呼び出す