読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017 CircleCI Meetup Tokyo #2 が開催されました #circleci #circleci_meetup

昨日3/10、弊社にて2度目のCircleCI Meetupが開催されました。 cyberagent.connpass.com CircleCI 2.0について CircleCI社よりDeveloperのKim氏にご登壇頂き、現在クローズドベータ公開中であるCircleCI2.0について発表していただきました。 1.0問題 ビルド…

docker-composeをサポートしたCodefreshというCIサービスを使ってみた

CodefreshというDockerを使えるCIサービスがあるので雑に触ってみたというエントリです。 codefresh.io プラン プランについては各自確認してほしいんですが、基本的にPublicなリポジトリを扱い並列ビルドが要らなければ無料で使うことができます。 Open Sou…

GreenWallでサクッとサービスの死活状態を可視化する

GitHubのGoのTrendを眺めてたらGreenWallという死活監視ツールを見つけたので使ってみた。 github.com GreenWallはGoで書かれた簡易的な死活監視ツールで、HTTP/HTTPSとICMP、TLSに対応してます。ヘルスチェックの実装自体はpluggableになってるので、今後色…

ウマナリティクス#2で競馬の予想の仕方について喋ってきました

ウマナリティクス#2という「競馬×データサイエンス」というイベントで喋ってきました。ちなみにデータサイエンスはまったくの素人なんですが、お声がけいただいた@data_sciesotistさんありがとうございました。 umanalytics.connpass.com 発表スライドをこち…

最近のTerraformのディレクトリ構成こうなった

Terraformの運用を初めてなんだかんだで1年半くらいたったんですが、プロジェクトによって環境も運用も違うので開発環境や本番環境の構成をどのように管理しているかというのは結構バラける気がしてます。1年半経過して行き着いた形を雑にシェアするだけのエ…

AWS Case StudyにてFRESH!のユースケースが公開されました

AWSは膨大な規模で利用されているので、各社のケーススタディが先人の知恵として公開されています。 自分の担当しているFRESH!でも日頃からAWSをフルに活用させてもらっています。 abemafresh.tv というわけでこの度、FRESH!のAWSの利用事例がAWSのCase Stud…

Dockerで開発環境のMySQLと同じデータを手軽にローカル環境でも利用する

Microservicesを運用していると、サービス毎にDBを持つことになってどうしても扱うDBやスキーマが多くなってしまいます。 開発環境のMySQL(AWSならRDS)に直接接続するならまだしも、DBはローカルにもって好き勝手に使ったり、汚したりスクラップしたりした…

【書評】サーバ/インフラエンジニア養成読本 DevOps編

Kaizen Platform社の@glidenoteさんから、「サーバ/インフラエンジニア養成読本 DevOps編」をご恵贈頂きました! www.amazon.co.jp この本の表紙なんですが、CircleCI がCircle CIになっているとTwitterで喚き散らしていたところ、「CircleCIによる継続的イ…

CircleCIでサクッとビルドチェーンを実現する

この記事は CircleCI Advent Calendar 2015 - Qiita の1日目の記事です。 2日目はtakusさんです というわけでCircleCIのAdvent Calendarの一発目です。一応複数記事書いて出来る限り埋めたいと思ってるので、小ネタ戦略でいきます。今回やりたいことは以下の…

Terraformを割と安全に使う方法

インフラの構成管理という意味で今のプロジェクトではTerraformを使ってます。 hashicorp/terraformgithub.com 非常に便利ですが、まだまだ全然枯れてないので若干猛獣使いな感じです。というわけで現時点で「割りと安全に」Terraformを使う方法を簡単に紹介…